スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『サブプライム後の新資産運用』を実践してみよう!①

資産運用を本格的にはじめてみようと思い立ちました。
きっかけは、タイトルにあるとおり
中原圭介 著
「サブプライム後の新資産運用」
読んだことです。



で、
今回は、まず手始めとして、
本に紹介されていた情報の参照先を整理してみます。

●アメリカ経済=世界経済の予測をするのに必要な指標●

①雇用統計(米労働省が毎月発表)
アメリカの企業は経済が減速し始めると、迅速に雇用を削る傾向があるため、
景気判断の先行指標と位置付けられる。
(雇用減少→個人消費の鈍化→GDPの悪化)

http://www.nikkei.co.jp/keiki/uskoyou/

【判断基準】
増加幅>15万人:雇用・景気ともに堅調
10万人≦増加幅≦15万人:雇用回復の目安
増加幅<10万人:雇用・景気ともに懸念する必要有

②ISM製造業景況指数(ISMが毎月[翌月第一営業日]発表)

SIMが製造業社に新規受注・生産・在庫などの状況を聞いた指標で、
企業の景況感を反映し、景気判断の先行指標とすることができる。

http://www.ism.ws/

【判断基準】
50を上回ると景気拡大、下回ると景気後退を示唆。
景気後退期には40前後まで低下することが多いという傾向も。

*GDPは景気を把握するのに重要な指標ではあるが、
速報性が低いため、役不足な面がある。

●日本経済の予測をするのに必要な指標●

①日銀短観(4・7・10・12月に発表)
日銀が民間企業に、景況感や設備投資状況などを聞いた指標で、
企業の景況感を最もよく反映していると言われ、日銀の金融政策にも影響を与えるほど。
特に、大企業製造業の「業況判断指数」は最も重視されている。

http://www.nikkei.co.jp/keiki/tankan/

【判断基準】
基準が存在していないのが難点。
ただし、トレーニングで可能にはなる(らしい)。

●外貨預金にお勧めな銀行●

①ソニー銀行
http://moneykit.net/

②イーバンク銀行
http://www.ebank.co.jp/

③住信SBIネット銀行
https://www.netbk.co.jp/wpl/NBGate

④スタンダードチャータード銀行(2000万円以上を預けれる人向け)
http://www.standardchartered.co.jp/japanese/cb/pb/


●銀行の格付け機関●

①スタンダード・アンド・プアーズ
http://www2.standardandpoors.com/portal/site/sp/jp/jp/page.home/home/0,0,0,0,0,0,0,0,0,0,0,0,0,0,0,0.html

②ムーディーズ
http://www.moodys.co.jp/pages/HomePage.aspx

【判断基準】
①でBBB以上、②でA以上であれば破綻する可能性は低い。

●為替相場の動きを予測するために必要なもの●

①各国の金利差
②各国の物価上昇率
③各国の経済成長率




以上の情報を活用して、経済を予測し、外貨預金をしてみようと思います。
今はもとでがないので、12月のボーナスを使ってやってみます。

株についての必要な指標とかは
また今度整理してみます。


スポンサーサイト

手帳をやめて情報を一冊のノートにまとめてみた。

立派な手帳を持ち歩くことに憧れ、
大学2年の頃から、でっかい手帳(A5 厚さ2㎝くらい)を持ってました。

だけど、最近(ここ3ヶ月くらい)、
手帳をやめて情報を一冊のノートにまとめてみました。

影響を受けたのは、
 本田直之 著 「レバレッジ時間術」
 奥野宣之 著 「情報は1冊のノートにまとめなさい」

理由は、
仕事の情報なり、思いついたことなり、スケジュールなりを
手帳に書いたり、ノートに書いたり
どっち書こうとか迷ったり、
あっ、手帳ないからノート書いとこうとか
めんどくさいから。

それで最近使っているのは、
「カルトンノートブック ダブルバンズ」シリーズのピンクです。

そして、グーグルカレンダー。

ノートの表紙に、今週1週間のスケジュールを
グーグルカレンダーからプリントアウトして貼付。
それで、すぐに予定が目に入って超便利。

2ヶ月分のカレンダーは「秘密ポケット」の中に。
表紙

秘密ポケット

中身

今日は、簡単な紹介まで。

文房具は大好きなので、
いろんな かわいいモノ、便利なモノ、おもしろいモノは
日々探してます。

それとあわせて
いろいろ紹介していきたいと思います。




2008年10月の読書録

10月に読んだ本は以下の通りです.
全てに対して,レビューする余力はないので,
リストにしてみました.
(自分の記録のためにも)

今月は目標12冊(マンガ除く)!
先月に引き続き、今月も撃沈。
休みの日にダラダラと漫画を読み続けているのが敗因。
というより、人生に悩んでいるのが原因。。。

【読む予定のジャンルと読んだ本】

1.論理的思考力の本
  細野真宏 著
  「細野真宏の数学嫌いでも『数学的思考力』が飛躍的に身に付く本」


2.水平思考力の本
3.視覚化力の本
4.数字力の本
5.言語力or知的体力or偶然力の本
6.お金の本
  中原圭介 著 「サブプライム後の新資産運用」

7.経済,経営,その他ビジネス書
  小林敏之 著
  「あなたの経験を『通信講座』にして稼ぐ法」

   ピーター・モントヤ, ティム・ヴァンディー 著
   「パーソナルブランディング 最強のビジネスツール『自分ブランド』を作り出す」


8.自己啓発とかモチベUPの本
9.科学の本
10.文学の本
  伊坂幸太郎 著 「魔王」
  トム・ロブ・スミス 著 「チャイルド44」

11.12.そのとき仕事に必要な本


もし
「この本どーだった??」みたいな質問あれば,
答えていきますんで,
どんどんコメントしてください.



プロフィール

mimi

Author:mimi
2008年4月に社会人になった
ちびな女の子です.

高校理系
⇒大学文系
⇒IT業界にてSEもどきを経験
⇒1年4ヶ月で転職(予定)

☆現状
 転職先も決まり、
 業務の引継ぎを行いつつ、
 社会人として過ごした1年間を
 振り返り中。

☆目標
 転職先の何かにおいて
 「イチバン」になる!!
 ex.売上、創作、幹事、旅行…etc

日記は、こちらから↓
「僕は青く生きる」
http://ao-iki.cocolog-nifty.com/blog/

応援してください↓↓↓




RSSリーダー

グルメ情報
幹事を無料でトータルサポート アットパーティー
人生が輝き出す名言集


presented by 地球の名言
RSSフィード
ブログ内検索
Amzonビジネス書ベストセラー
リンク
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。